hamigaki_akachan

一般的に普通は何歳から歯磨き粉を使用するのか

◎赤ちゃんの歯が生え始めるのは6ヶ月後から

赤ちゃんの乳歯は、まず前歯から生えはじめます。まず下の乳歯から生え始める事が多いですが、上の歯から生える場合もあります。

一般的に赤ちゃんの歯が生え始めるのは生後半年後と言われています。しかし、生える乳歯が生え始める時期や場所も個人差があるので、その点について神経質になりすぎる必要はありません。

重要なのは生後半年ぐらい経過したら、たまに赤ちゃんの口の中を観察して乳歯が生え始めていないかを観察する事です。

◎歯が生え始めたら歯磨きを始めて良い?

赤ちゃんに乳歯が生え始めたら歯磨きをしても良いと言われています。

当然の事ですが歯の先っちょが生えた程度では、歯磨きはできません。ある程度乳歯が生えてきて「これぐらいなら歯磨きができそうだな」と思ったら歯磨きをスタートさせれば良いでしょう。

◎歯磨き粉はいつから使用すれば良い?

赤ちゃんをお持ちの親御さんにとって「歯磨き粉はいつから使用すれば良いの?」と思う事は当然です。

ですが、最初は歯磨き粉は最初から使用する事はありません。また赤ちゃんの場合は歯磨きになれる事自体が難しい場合があるので、まず赤ちゃんが歯磨きになれるまで歯磨き粉は使用する必要はありません。

また当然の事ですが、赤ちゃんは「口の中でうがい」をする事ができません。このような状態の時には市販の歯磨き粉を使用しないように気をつけましょう。

なぜならば、市販の歯磨き粉には化学成分が含まれた商品が多く存在するからです。もし歯磨きを使用したいと考えた時には無添加の歯磨き粉を使用するようにしましょう。

そういう点ではブリアン歯磨き粉は無添加の歯磨き粉で飲み込んでも安心の歯磨き粉なので、赤ちゃんの歯磨き粉には最適です。

◎乳歯の歯磨き方法とは?

乳歯の歯磨き方法ですが、先ほどご紹介したように最初は口の中に歯ブラシを入れる事自体難しい場合があります。

そんな場合には口の中に物を入れる訓練や、両親が口の中を触っても大丈夫なような訓練をしましょう。

口の中に物を入れる訓練としては、最初は綿棒などが良いでしょう。また、赤ちゃんの歯磨きは綿棒で乳歯の表面を軽く磨く程度でも構いません。

また、綿棒以外の方法として清潔なガーゼやハンカチなどを使用する方法があります。赤ちゃんがガーゼやハンカチを口に入れさせてくれるようになれば、ガーゼやハンカチをそのまま歯磨きに使用しましょう。

ガーゼやハンカチは綿棒と同じ要領で、乳歯の表面を軽く磨いてあげる程度で良いでしょう。

また、赤ちゃんの歯磨きは無理にする事は禁物です。歯磨きは人間にとって一生付き合っていくべき行為なので、できればた「歯磨きは楽しい」と赤ちゃんに思ってもらう事が重要です。

その為に歯磨きをするのは赤ちゃんが機嫌が良い時にしてあげるようにしましょう。

本格的な歯磨きについては、「綿棒」や「ガーゼ、ハンカチ」による歯磨きに慣れた後から始めるようにして下さい。

ブリアン歯磨き粉の場合は何が違う?

◎ブリアンも通常の歯磨き粉とブラッシング方法は変わらない?

ブリアン歯磨き粉も市販の歯磨き粉も基本的には同じ歯磨き粉であるので変わらない点も多くあります。

ですがブリアン歯磨き粉の場合は、生きた乳酸菌が成分として使用されているので、殺菌剤や保存料や合成界面活性剤が入った歯磨き粉との併用は避けましょう。

◎ブリアンは乳歯が生え始めたらすぐに使えます。

ブリアン歯磨き粉の虫歯予防成分は自然由来の乳酸菌を使用しています。また乳酸菌以外の成分も無添加の成分を使用している為に飲み込んでも安全です。

その為、赤ちゃんが乳歯が生え始めたらすぐに使用する事ができます。

逆にフッ素などが含まれた歯磨き粉は赤ちゃんの健康に有害な恐れがあるので、使用しない方が良いでしょう。

もしフッ素入りの歯磨き粉を使用したい場合には、子供が「ブクブクうがい」ができるようになってから使用しましょう。

◎「市販の歯磨き粉」と「ブリアン」との違い

市販の歯磨き粉は化学成分のオンパレードです。それは市販の歯磨き粉の成分表を確認すれば分かります。

また、先ほどもご紹介しましたが、少なくとも赤ちゃんが自分で「ブクブクうがい」ができない時期にはブリアン歯磨き粉を使用するか、歯磨き粉を使用しない事が重要です。