乳酸菌のイラスト

口臭の主な原因は「歯周病」

口臭がする?

口臭の原因の8割は「虫歯」と「歯周病」

皆さんの多くの方がご存知の虫歯ですが、虫歯が口臭の原因になることをご存知でしょうか?ただし初期の虫歯や一般的な虫歯の場合は口臭の原因にはなりません。

口臭の原因になるのは、重度の虫歯の場合がほとんどのようです。例えば虫歯になった箇所を長年ほうったままにしておくと、歯の根っこが死んで腐ってしまう場合があります。

歯の根っこが腐ってしまうのですから、当然ながらそこの部分から腐敗臭がすることになります。

口の中から腐敗臭がするわけですから、かなり強めの口臭が発生することは少し考えただけでも予想がつくことだと思います。

また、歯の根っこが死ぬまでの状態にいかなくても、虫歯をほうっておくと歯に穴が空いてしまいます。歯に穴が空いてしまうと、そこに食べ物のカスがどんどん溜まっていきます。

最初のうちは歯ブラシで食べ物のカスは除去可能ですが、そのうち常に歯の穴に食べ物のカスが溜まった状態になります。

そうなると食べ物のカスが口の中の最近に分解されて酷い臭いを出すことになってしまいます。

ですが、このような虫歯の場合には歯の治療をすることで口臭の発生を抑えることが可能です。

口臭の問題で一番やっかいなのが「歯周病による口臭」です。歯周病の場合は、虫歯と違って口の中の一部分では起きないで、口の中全体(主に歯茎など)で問題が起こることにあります。

口の中全体で口臭の原因が発生してしまうわけですから、治療や問題の解決が虫歯よりも難しいと言えるかもしれません。

口臭でやっかいな歯周病(歯槽膿漏)による臭い

「歯周病」とは

歯茎や歯槽骨と呼ばれる歯を支えている口の中の組織が歯周病菌によって犯されてしまう病気のことです。初期の症状は歯磨きや薬の処置などで改善や完治が可能ですが、重要化すると外科的な処置や歯を抜く処置が必要となる、恐ろしい病気です。

また、歯周病も虫歯と同じで、いろいろな進行度合いがあります。初期の歯周病の場合は、歯肉炎と呼ばれる、歯茎が腫れて炎症を起こしている状態になります。

この歯肉炎の状態だと、口臭につながる可能性はありますが、そこまで酷い口臭の原因になることはありません。

ですが歯肉炎が進行して「歯槽膿漏」になってしまうと、酷い口臭に悩まされることになります。

「歯槽膿漏」とは

「歯槽膿漏」という言葉は比較的に耳にする言葉ではありますが、意味を知っている人は少ないかもしれません。

まず「歯槽」とは「歯の根がはまっている、あごの骨の穴」のことを言います。まず歯周病の初期症状である「歯肉炎」の場合には「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯茎の隙間に歯周病菌が入り込んで歯茎が腫れたり、歯茎から出血するといった症状が引き起こされます。

「歯周ポケット」からさらに下の方にいくと、先ほどご紹介した「歯槽」がありますが、そこまで歯周病菌が進行すると「歯槽膿漏」になってしまいます。

具体的に「歯槽膿漏」になると、歯周病菌によって破壊された細胞が元で歯槽から膿が出てきます。

この膿が酷い臭いがするので「歯槽膿漏」が重度の口臭の原因となっているのです。

舌苔(ぜったい)【舌の上の汚れ】にも原因あり

ちなみに虫歯や歯周病でない場合でも、舌苔(ぜったい)と呼ばれる舌の上の汚れが口臭の原因となる場合があります。

舌苔(ぜったい)は誰の舌にもあるものです。舌苔は舌の角質の死骸や、食べ物のカスが口内の悪玉菌によって分解されたものです。

細胞の死骸や、食べ物の残りカスが悪玉菌によって分解されたものですから、簡単に例えるなら、残飯が腐ったときと同じ状態だと考えることができます。

つまり極端に言うなら、舌苔(ぜったい)からは「残飯が腐ったときと同じ臭いがする」と言えるかもしれません。

歯周病の主な原因は歯垢(プラーク)

プラークのイラスト

虫歯の原因は歯垢(プラーク)ですが、同じく歯周病の原因も歯垢です。【ただし虫歯は虫歯菌が原因で歯周病は歯周病菌が原因】

歯垢(プラーク)とは

歯垢とは、私たちが普段食べている食べ物の食べカスが口内悪玉菌(虫歯菌、歯周病菌)によって分解されたものです。

またこの歯垢が、虫歯菌や歯周病菌の住処となってしまうので、歯垢があることによて虫歯や歯周病がどんどん進行していくことにまります。

歯垢そのものにも酷い臭いがあるの注意が必要

歯垢も先ほどご紹介した舌苔(ぜったい)も食べ物のカスを悪玉菌が分解したものなので、歯垢そのものに臭いがあります。

ためしに歯の表面や、歯と歯茎の境目についた歯垢をつまようじなどで、こそいで匂ってみるとよいでしょう。

食べたものの種類にも影響すると思われますが、食べ物が腐ったときに見られるような腐敗臭に近い匂いがすると思います。

口臭の予防には歯垢(プラーク)を口の中からなくすことが一番

歯垢はなくなったかな?

先ほどご説明しましたが、口臭の主な原因である「虫歯、歯周病、舌苔」のそのまた原因は歯垢(プラーク)です。

つまり歯垢(プラーク)を口の中から追い出すことができれば、口臭を効果的に予防することが可能になります。

歯垢の除去で大切なのは食後の歯磨き

食後の歯磨き

歯垢の元は食事の食べカスです。つまり食事の後に歯磨きをしっかりとすることで、ある程度の歯垢を口の中からなくすことができます。

ですが、歯磨きの方法や丁寧さなどは、人によってさまざまです。また正しい方法で歯磨きができている人は以外と少ないようです。

その証拠に、虫歯や歯周病で悩んでいる人はこの世からなくなっていません。

また実際に歯周病にかかっている人は「20歳代で約7割」「30代~60代にかけては約8割」だという調査結果が出ております。

歯垢ができやすい人とできにくい人がいる

歯垢ができやすい?できにくい?

同じように歯磨きをしていても、虫歯や歯周病になりやすい人、逆になりにくい人がいることはご存知でしょうか?

その原因はいったい何なのでしょうか?「歯磨きの仕方や方法」にあるのでしょうか?

いいえ違います。それは、口の中の口内細菌の種類や性質によって違ってくるのです。例えば、口内細菌の中に虫歯菌や歯周病菌が多い人は歯垢ができやすく、結果的に虫歯や歯周病になりやすくなってしまします。

歯垢(プラーク)の除去と、付着を予防できる歯磨き粉「大人用ブリアン」

大人用ブリアン

大人用ブリアンとは?

もともと、ブリアンは子供の虫歯を減らす目的で開発された歯磨き粉です。この商品は特殊な商品で、虫歯のできない子供を研究することによってできた商品です。

子供用ブリアンは子供が喜んで使ってくれるということも目的の1つで、イチゴ味で甘いのが特徴です。そのため大人の人が使うには甘すぎるとう声がありました。

また、虫歯菌は大人から子供へ移ってしまう性質があります。その為、いくら子供に虫歯菌の予防をしたとしても、親から子供へ移ってしまうという悩みを持つ親御さんが多かったようです。

ですが、大人用ブリアンが発売されることによって、大人と子供で虫歯菌(虫歯)予防ができるようになったのです。

また「大人用ブリアン」の場合は、歯周病や口臭の悩みを持つ多くの大人の声を参考にして「口臭予防」の効果が高い商品になっています。

大人用ブリアンの効果の秘密は「BLIS M18」「BLIS K12」にあり

子供用ブリアンには「BLIS M18」と呼ばれる虫歯予防成分が含まれていることが特長でした。

そして「大人用ブリアン」の商品には、「BLIS M18」に加えて「BLIS K12」と呼ばれる口臭予防成分も含まれています。

「BLIS M18」とは

「BLIS M18」とは、海外の虫歯になりにくい子供の口の中から発見された乳酸菌の一種です。虫歯になりにくい子供には「BLIS M18」と呼ばれる善玉菌が存在しているため、歯垢ができにくく、結果的に虫歯になりにくい体質となっています。

また「BLIS M18」を歯磨き粉に配合することにより、歯垢の付着を予防することができます。

「BLIS K12」とは

「BLIS K12」は「BLIS M18」と同じ性質を持つ乳酸菌です。「BLIS K12」を歯磨きをに配合することによって、口の中で善玉菌を増やすことができます。

口の中には常に口内細菌と呼ばれる、善玉菌と悪玉菌の両方の性質を持つ細菌が住み着いています。そして口の中のスペースは物理的に限られているので、そこへ住むことができる口内細菌は限られています。

つまり善玉菌が増えることによって、悪玉菌(歯周病菌、虫歯菌)を減らすことができるのです。

この悪玉菌(歯周病菌、虫歯菌)が歯垢ができる原因でもあるので、結果的に歯周病や虫歯の予防になります。

それに加えて「BLIS K12」には歯垢を除去する働きも持っているので、口臭予防には効果的だと言えるのです。

歯垢がつきにくい体質に改善=口臭のない体質に改善

歯垢ができにくい体質に改善

先ほどご紹介したように「BLIS K12」や「BLIS M18」が口の中にあることよって歯垢ができにくい体質に改善することが可能になります。

歯垢は、それ自体にも匂いがあるので口臭の元にもなります。また、口臭の主原因である歯周病や虫歯の元にもなるので、口臭予防には口の中を「BLIS K12」や「BLIS M18」が優位な状態に保ってあげることは効果的であると言えるでしょう。

【参照資料】
■大倉山アルカディア歯科・矯正歯科ホームページ

■10代~70代の男女1万人に聞く、お口の臭い調査
(公益社団法人日本歯科医師会 2016年6月2日)