口がうんこ臭い

虫歯と口臭の関係

虫歯はひどくなってしまうと、ひどい痛みを伴います。これだけでも虫歯は大変嫌なものですが、虫歯が重度に進行するとひどい口臭にも悩まされることになります。

老若男女、多くの人は毎日誰かしらと会話をすることになると思います。特に親しい人になればなるほど、会話をするときの距離が近くなっていきます。

そう考えると「ちょっと口が臭いけど大丈夫かな?」という状態でも、何かしらの口臭対策が必要であると言えるでしょう。

虫歯が進行するほど口臭が悪化する理由とは?

虫歯のせいで口臭?

【口臭レベル1】口の中の歯垢

虫歯が進行するとひどい口臭にもなりますが、虫歯の前段階でも口臭の原因となるので日頃から注意する必要があるでしょう。

ちなみに皆さんは虫歯の原因をご存知でしょうか?そうです。「虫歯の原因は虫歯菌」で、これは多くの人がご存知であると思います。

ですが怖い虫歯の原因の虫歯菌と言えども、ある条件が揃っていなければ、歯を虫歯にすることはできません。

実はその条件とは「歯垢」と「砂糖」です。ちなみに「歯垢」とは虫歯菌などの悪玉菌が口の中の食べ物のカスを分解したものです。

食べ物のカスが「歯垢」に変わると、非常にネバネバした状態になってしまいます。そのため水などで口をゆすいだぐらいでは、この歯垢をきちんと落とすことが難しいです。

また「歯垢」は虫歯菌などの悪玉菌が食べ物を分解したものであるので、歯垢そのものが臭い匂いを放ちます。歯垢の匂いを簡単に例えるなら「生ごみの匂い」または「腐った玉ねぎの匂い」とも表現されます。

【口臭レベル2】初期の虫歯

もともと人間の口の中は、初期の虫歯ぐらいなら「再石灰化」と呼ばれる自浄作用によって治ってしまいます。

ちなみに「再石灰化」とは、歯の表面から溶け出したカルシウムなどのミネラル成分を、唾液に含まれるカルシウムイオンとリン酸イオンによって修復する働きのことを言います。

この「再石灰化」の働きが有効でない状態は、歯垢や食べ物のカス、砂糖などが長い時間口の中にある状態だと言えます。

また口の中の歯垢を長時間放っておくと歯石と呼ばれる石のように固い物質に変化してしまいます。歯石は「歯と歯の間」「歯と歯茎の間」など口の中の隙間の多い箇所にできやすい性質を持っています。

そのために歯垢は歯石のできた箇所にどんどん溜まってゆきます。そして歯石自体もどんどん大きくなっていくのです。

つまり口臭の原因になる歯垢がどんどん口の中にたまってゆき、口臭がひどくなる原因になるのです。

【口臭レベル3】虫歯で穴が空く

歯石がたまった口の中は非常に虫歯になりやすい環境だと言えます。そのために初期の虫歯は時間の経過と共に確実にひどくなってゆきます。

皆さんもご存じのように初期の虫歯は、歯の表面が白くなるぐらいで一般的には分かりにくいと言われています。

ですが、その虫歯が進行すると歯の表面に穴が空いてゆきます。歯に穴が空いてしまうとまたそこへ食べ物のカスや歯垢が溜まりやすくなってしまいます。

そのため「歯垢」がさらに溜まりやすくなった口の中は、さらに臭くなってしまう悪循環に陥ってしまいます。

【口臭レベル4】虫歯で歯の根が腐る

虫歯が進行することによって、口臭もひどくなる傾向にありますが、虫歯が歯の神経まで進行すると、口臭は加速度的にひどくなります。

歯の根まで虫歯が進行する前までは、口の中の歯垢だけが口臭の原因となっていました。ですが歯の根が虫歯菌によって死んでしまうと、歯の神経が腐る結果になってしまいます。

歯の根も人間の生きた細胞ですので、腐ってしまうと腐敗臭がすることになります。つまり「歯垢」と「腐敗臭」によって口臭は耐えられないレベルにまで酷くなってしまうと考えられます。

【口臭レベルMAX】虫歯+歯周病で「まるでウンコの匂い」

うんこ臭い口臭

実は口臭の原因は虫歯だけではありません。常に口内トラブルの上位にランクインしている歯周病も口臭の原因となることで知られています。

歯周病とは?

歯周病とは虫歯と同じぐらい、もしくは虫歯以上に怖い病気です。歯周病が進行すると口臭にプラスして下記のような症状が現れます。

・歯茎から血が出る
・歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)が広くなる
・歯がグラグラする
・歯の隙間からウミが出る
・歯が自然に抜けてしまう

虫歯と歯周病の関係

実は虫歯になりやすい口内環境と、歯周病になりやすい口内環境は非常に似ていると言われています。

そのために虫歯が進行している口の中では、同じように歯周病が進行している場合が多いのです。

虫歯と歯周病の原因は同じ「歯垢」

虫歯の原因は虫歯菌であるように、歯周病の原因は歯周病菌と言われる口の中に存在する悪玉菌です。

虫歯菌と歯周病菌は名前や口の中で悪さをする性質は違いますが、歯垢が大好きな細菌でもあります。

そのために虫歯によって歯垢が増えた口の中で、活発に働いてしまう傾向にあるのです。そして歯周病も虫歯と同じく症状が進行するに従って口臭が酷くなってしまいます。

歯槽膿漏で口臭がMAXに

虫歯が歯の表面から中へ進行するのに比べて、歯周病は歯と歯茎の間から中へ中へと進行します。

初期の歯周病では歯と歯茎の間で出血を起こすぐらいの悪さしかしませんが、歯周病が進行すと、歯の根本の骨(歯槽骨)まで溶かしてしまいます。

そして歯槽骨が溶けると、それが膿となって歯と歯茎の間からしみだしてくるのです。

つまり「重度の虫歯」と「重度の歯周病(歯槽膿漏)」が合わさると【口臭レベルMAX】の「まるでウンコの匂い」の口臭となるのです。

虫歯の原因

虫歯の原因は・・・

先ほどもご紹介したように虫歯の原因は、虫歯菌(ミュータンス菌)と呼ばれる口の中の悪玉菌が原因です。

そして食べ物のカスや歯垢によって、口の中で虫歯菌がどんどん増えていってしまいます。また歯垢は歯の表面にべったりと張り付く性質があるので、虫歯菌は歯垢の中で増殖して歯の表面をどんどん溶かしていき、結果として虫歯になるのです。

虫歯を悪化させる原因

不規則な生活

私自身も経験がありますが、生活が不規則になると食事の時間も不規則になります。
また食事の時間や回数が一定でなくなることによって、間食も増え、結果として口の中に食べ物が常時ある状態に近づいていきます。

さらに悪いことに、食べる時間や回数が決まっていないと、歯磨きがおっくうになる傾向になります。つまり虫歯になりやすい口内環境へと変わる悪循環に陥ってしまうのです。

ストレス

ストレスがひどい人

昔からストレスは万病のもとと言われています。これはストレスが溜まると体の抵抗力が低下して、いろいろな病気にかかりやすくなる為です。

病気と虫歯は関係ないようにも思いますが、実は深く関係しているのです。なぜならば、私たちが虫歯にならないのは、先ほどご紹介したような「再石灰化」などの働きによるものだからです。

虫歯になりやすい食べ物

虫歯の主な原因は「歯垢」と「砂糖」であることは広く知られていることです。つまり歯垢になりやすい食べ物と砂糖が多く含まれている食べ物は虫歯になりやすいといえるでしょう。

例えば野菜などの食物繊維が多い食べものは、歯で細かく砕くことが難しいために、口の中で食べカスになることが少ない傾向にあります。

逆にハンバーグやパンなどに代表される柔らかい食べものや、液状、粉状の食べ物などは口の中で歯垢に変わりやすいので虫歯になりやすい傾向にあります。

虫歯を予防する方法

日頃の歯磨きで正しい口内ケア

実は虫歯を予防する方法は非常に簡単です。それは、歯磨きをしっかりとして口の中で歯垢ができないようにすることです。

食べるものにも気を使う

さらに砂糖などを多く使用したお菓子やスイーツなどを食べることを控えることで虫歯になるリスクを下げることができます。

歯の定期健診

歯の定期健診の様子

どんなにしっかりと歯磨きをしたとしても、虫歯の原因の歯垢を100%取り除くことはできません。また口の中の歯垢はほうっておくと化学変化にって歯石と呼ばれる固い物質に変わってしまいます。

さらに口の中に歯石があると、歯の表面に無用な凹凸が増えることになります。歯垢は狭い隙間や凹凸のあるところに溜まる性質があるために歯石の周囲には歯垢が溜まりやすくなり、結果として歯石がどんどん大きくなってしまいます。

また、やっかいなことに歯石は非常に硬い物質なので、自分自身で取り除くことが困難です。そのために歯科医院などで定期的に歯石を取り除くことが重要となります。

乳酸菌歯磨き粉を使用する

ブリアン新パッケージ(乳酸菌歯磨き粉)

虫歯になりにくい体質になるには?

残念ながら同じように歯磨きをしていたとしても「虫歯になりやすい人」と「虫歯になりにくい人」が存在します。

もし、あなたが毎日しっかりと歯磨きをしていたのに虫歯になってしまったらどう思うでしょうか?人によっては虫歯予防の対策に挫折してしまうかもしれません。

どうせ虫歯予防の対策をするのなら「虫歯になりにくい体質」になる方法も同時に行えれば非常に効率が良いと思いませんか?

実は最近では「虫歯になりにくい体質」に近づけることを目的とした「ブリアン」という歯磨き粉が発売されて注目を集めています。

虫歯にないにくい子供の唾液から発見された乳酸菌

世の中には虫歯になりにくい人が確かに存在します。そんな虫歯になりにくい子供の唾液の中から発見された乳酸菌があります。

その乳酸菌はBLIS(ブリス)菌と呼ばれており、ニュージーランドのオタゴ大学の名誉教授ジョン・タグ博士により発見されました。

BLIS(ブリス)菌は虫歯の原因の歯垢を取り除く

blis m18乳酸菌

先ほど歯垢は虫歯の原因となることをご紹介しましたが、歯垢自体は口の中にある食べ物のカスを悪玉菌が分解することによって生まれます。

つまり口の中にある悪玉菌を減らして、善玉菌を増やすことができれば口の中に歯垢ができるのを減らすことができるのです。

大人用と子供用が選べる

虫歯を予防することができるBLIS(ブリス)菌を含んでいる歯磨き粉は日本ではブリアンしかありません。

そのブリアン歯磨き粉ですが、子供用と大人用が現在発売されています。子供用ブリアンは主に虫歯予防ができることが知られています。また大人用ブリアンは虫歯予防に加えて、口臭予防ができる乳酸菌成分も含まれています。