sekaihatsu

虫歯予防成分がある為、仕上げ磨きをしなくても良い

例え小さなお子さんがいる親御さんの場合には、子供に歯磨きをさせた後に、大人が仕上げみがきをするという方法をとる方も少なくないようです。

このような歯磨き方法は当然の事で、通常の歯磨き粉を使用して歯磨きをする場合にはこのような方法が正しいかもしれません。

ですが、ブリアン歯磨き粉の場合には世界初の虫歯予防成分と呼ばれている「BLIS M18乳酸菌」が含まれています。

この「BLIS M18乳酸菌」は口の中の虫歯菌を減らしてくれる効果があるので、多少磨き残しがあったとしても神経質になる必要がありません。

歯垢がつきにくくなった

ブリアン歯磨き粉を使用した人の中の感想の中には「歯垢がつきにくくなった」という感想を目にする事ができます。

ではなぜブリアン歯磨き粉を使用すると歯垢がつきにくくなるのでしょうか?それは、歯垢ができるメカニズムを知ると分かります。

まず歯垢というのは、口の中に残った食べ物のカスが、口腔内の悪玉菌によって分解された物質です。

この口腔内悪玉菌の中には虫歯菌や歯周病菌も含まれています。そしてブリアン歯磨き粉は虫歯菌や歯周用菌と言った口腔内悪玉菌を減らしてくれる効果がある事が分かっています。

つまり、歯垢を作る原因である口腔内悪玉菌(虫歯菌、歯周病菌)をブリアン歯磨き粉が減らしてくれる為に歯垢ができにくくなるのです。

子供が積極的に歯磨きをしてくれる

ブリアン歯磨き粉を子供が使用すると「子供が積極的に歯磨きをしてくれるようになった」という事例やご意見は以外と多いようです。

ではなぜ、ブリアン歯磨き粉は普通の歯磨き粉に比べて子供が喜んで使ってくれるのでしょうか?

泡立たないので子供が長時間歯磨きをしてくれる

実は現在市販されていいるような一般的な歯磨き粉には、発泡剤と呼ばれるブラッシングの際に泡立ちをよくする成分が含まれています。

この発泡剤は歯磨き粉には限らず、石鹸や食器用洗剤、洗濯用洗剤など、洗剤と呼ばれる商品のほとんどに含まれている成分です。

では、なぜ発泡剤が洗剤類に含まれているのかと言うと、実際に洗剤を使用した時に泡立ちの良い方が汚れがよく落ちるような気がするからです。

ですが、泡立ちが良いとブラッシングをしているとすぐに口の中が泡だらけになってしまうという短所があります。その為小さな子供の場合には、すぐに口の中が泡だらけになって長時間ブラッシングができない場合もあるようです。

子供の体に優しい成分なので安心

ブリアン歯磨き粉は、無添加の成分のみで製造された歯磨き粉である為に、特に赤ちゃんや小さな子供に対してお勧めの商品です。

これに対して一般的に市販されている歯磨き粉の場合には、色々な化学成分が含まれています。もちろん市販の歯磨き粉の場合にも少量なら飲み込んでも大丈夫だとも言われていますが、大量に飲み込んでも大丈夫な訳ではありません。

しかしながら、ブリアン歯磨き粉の場合には、もともと口の中に虫歯予防成分を十分に浸透させる為にもうがいをしない仕様となっています。

つまりブリアンは本当の意味で飲み込んでも大丈夫な歯磨き粉となっているのです。このような点でお子さんを持つ親御さんには「安全な成分なので安心して使える」として人気となっている商品なのです。

個包装で使いやすくなりました

昔はブリアン歯磨き粉は、個包装ではなかったのですが「これでは粉が固まったりして使いにくい」などの意見があった事から個包装の仕様となったようです。

また個包装の歯磨き粉であるので、歯磨き粉自体が痛むという事もありません。

歯磨き粉は子供が毎日口の中に入れる商品なので、その日に使う分その日に開封するタイプの個包装であったなら、安全性の面でも心配をする事がなくなります。

虫歯になりにくくなった

ブリアン歯磨き粉は市販の歯磨き粉とは、根本的に違っています。市販の歯磨き粉はブラッシングをするごとに口の中を殺菌するというような発想で作られた商品です。

これに対してブリアン歯磨き粉は、虫歯予防成分の「BLIS M18乳酸菌」によって、徐々に口の中から虫歯菌を減らしていくような発想で開発されています。

つまりブリアンを毎日使用する事によって、だんだんと虫歯になりにくい体質になっていくという事です。

このような効果から、今まで虫歯になりやすかったというお子さんの場合でも、ブリアンを使用する事によって「虫歯になりにくくなった」という意見が寄せられているようです。