kazoku_kankei

ブリアン歯磨き粉は世界初の虫歯予防成分を配合しているという事で有名な歯磨き粉です。

しかしながら、そのブリアン歯磨き粉で「人間関係が改善した」というお話はにわかには信じられないようなお話しです。

今回、このページでは「ブリアンによって人間関係が改善した」という口コミの例をご紹介します。

親族との食事にストレスがなくなった

虫歯の原因は虫歯菌です。また生まれたばかりの赤ちゃんにの口の中には虫歯菌は存在しないと言われています。

つまり虫歯菌は大人から子供へ移る病気のようなものだとも言えるのです。その為に子供に虫歯菌が移らないように気をつけているという親御さんは以外と多いようです。

例えば虫歯菌が移るのは、口移しでの食事や同じスプーンや箸の使用で移る場合が多いようです。このような点を気にして赤ちゃんや子供の食事に対してナーバスになる親御さんもいるようです。

ですが、このような虫歯菌に対して非常に気にする子供の両親がいる反面、回りの親族は両親と同じレベルで虫歯菌の予防を気にしているかと言えば、そうではありません。

つまり、虫歯菌を気にする人と、そうでない人との間での認識の違いが人間関係のストレスとなっている場合があるようです。

例えば、子供に虫歯菌が移らないように親御さんが気をつけていたとしても、子供の祖父や祖母が、自分が使ったスプーンや箸で食事をさせてしまったら、親御さんの今までの苦労が水の泡になります。

このような場合には祖父や祖母に注意をするように言えば済む事ですが、問題はそんな簡単ではありません。子供の祖父や祖母が自分の両親であれば問題ありませんが、義父や義母である場合には直接意見できない場合だってあるでしょう。

また実際にこのような悩みを抱えている人は少なくないようですが、ブリアンを使い始めてこのような悩みが解消されたというケースも見られるのです。

なぜならば、ブリアン歯磨き粉には虫歯菌を抑制する働きがあるからです。

虫歯菌の予防はどんなに気をつけていても、虫歯菌が移ってしまう場合があります。それは子供は両親以外の人とも接触しているので仕方がない事です。

逆に絶対に子供が虫歯菌に移らないように気をつける方が、小さなお子さんを持つ親御さんにとって非常に精神的にストレスがあり、また無理がある事なのです。

このような時にブリアン歯磨き粉を使用する事で、小さなお子さんを持つ親御さんが虫歯菌に対して過度に気にする事がなくなります。

つまり「もし子供に虫歯菌が移ってしまっても、ブリアン歯磨き粉で虫歯菌を減らす事ができるから大丈夫」だと思えるので、精神的な余裕ができるのです。

また実際にブリアンの口コミを見ていても、このようなケースが見受けられました。

「子供が虫歯になりやすい」というコンプレックスがなくなった

虫歯菌が口の中にあるのか、無いのかという点も虫歯になるポイントではありますが、人によっては虫歯になりやすい体質の方もいるようです。

また、虫歯になりやすい体質の人は、お子さんも虫歯になりやすい体質である場合があります。

そのような場合には、お子さんの親御さんが虫歯予防を気をつけていたとしても、いつの間にか子供が虫歯になっているという場合があるのです。

また、子供に虫歯がある、ないという話題が親御さん達のコミュニティーで話題になる事もあるでしょう。

そんな時には、よそのお子さんと自分の子供の虫歯の状況を比較してしまうものなのです。

この時に虫歯ができやすい子供を持つ親御さんは「こんなに気をつけているのに、なぜうちの子供は虫歯ができるの?」と自分を責めたり、コンプレックスになる場合もあります。

しかしながらブリアン歯磨き粉を使用すると、口の中から虫歯菌が減って虫歯になりにくい体質になる事から、虫歯になりやすいというコンプレックスから開放されたという意見も、ブリアンの口コミの中に見つける事ができます。