musiba_zero

子供用の歯磨き粉では有名なブリアン歯磨き粉の口コミを見ていると「子供の虫歯ゼロ」という言葉をいくつか目にします。

ブリアンを知っている私からしても「ブリアンで虫歯がゼロ」って凄いと思いますし、ブリアンの効果は本当にそんなに凄いものなのか?と多少疑問に思う所も正直あります。

今回は、そんな「ブリアンの使用で虫歯がゼロ」という点について調べたらり、考察を加えてみました。

以外と多い?「ブリアンで虫歯ゼロ」

ブリアンの口コミを色々見てみますと「ブリアンを使って子供の虫歯がゼロ」という内容の口コミを幾つか目にする事ができました。

また「ブリアンをもっと早く知っていれば、子供が虫歯になる事がなかったのに・・・」という冗談めいた内容の口コミもありました。

このような口コミがあるのは、ブリアンの虫歯予防効果の高さが関係している事は間違いありません。そこでブリアンがなぜ虫歯予防に高い効果が期待できるかを調べてみました。

ブリアンで虫歯がゼロになる理由とは?

ブリアンの虫歯予防効果は、ブリアンに含まれている「BLIS M18乳酸菌」によるものです。

この「BLIS M18乳酸菌」は世界初の虫歯予防成分とも呼ばれており、日本で歯磨き粉に配合したのはブリアン歯磨き粉が最初だと言う事です。

では「BLIS M18乳酸菌」とは一体どのような成分なのでしょうか?それは海外の虫歯予防の研究によって発見された成分だと言う事です。

具体的には、虫歯にならない子供達の口の中を調べていて発見された成分だという事です。

日本でも乳酸菌と虫歯予防に関する研究が進んでおり、乳酸菌が虫歯菌や歯周病菌を減少させる効果がある事が分かっています。

ですが残念ながら全ての乳酸菌にこのような効果がある訳ではないようです。虫歯予防効果がある乳酸菌としては「L8020乳酸菌」や「LS1」乳酸菌が有名です。

同じように、ブリアン歯磨き粉に含まれている「BLIS M18乳酸菌」は特に虫歯の原因になる虫歯菌の増殖を抑制する働きがある事が分かっています。

つまり、ブリアン歯磨き粉を使用すると虫歯にならない子供達と同じような口内環境になるので、虫歯の予防ができるという事が言えるようです。

このような効果が発揮される事によって、ブリアン歯磨き粉の使用者の中から「ブリアンの使用で虫歯がゼロ」という口コミが現れていると予想できます。

「子供の虫歯ゼロ」の為には子供の年齢が早ければ早い程良い?

赤ちゃんや小さなお子さんがいる保護者の方は、虫歯菌の対策を生まれた時からしているという方も少なくはない事でしょう。

なぜならば、口の中の虫歯菌の状態はおおよそ3歳ぐらいの年齢で決定してしまうと言われているからです。

そのような理由からブリアン歯磨き粉を使うのも早ければ早い程良いようです。

しかしながら最初の乳歯が生えてくる時期にならないと赤ちゃんの歯磨きは始めないというのが一般的ですから、乳歯が生えてきてからブリアン歯磨き粉を使うというのが1番良い方法のようです。