kohousou

ブリアン歯磨き粉は1日分の歯磨き粉が個包装になっているのが特長です。また個包装の中には粉タイプの歯磨き粉になっています。

私的には、個包装で粉タイプの歯磨き粉は使いにくいのではないかという感覚があるのですが、実際にブリアン歯磨き粉を使用した人の中には、個包装で粉タイプのブリアン歯磨き粉を使いやすいと感じる人もいるようです。

個包装は使いやすい?

ブリアンを実際に使った人の意見の中には「最初は粉の歯磨き粉なんて使ったことがなかったので戸惑っていたのですが、使い出したら、思いのほか使いやすかった」というものがありました。

ですが、そうは言っても市販されているチューブタイプの練り歯磨き粉と比べると使い難い事は確かだと思います。

なぜならばチューブタイプの歯磨き粉なら歯ブラシの上に練り歯磨き粉を出せば、そのまま歯磨きができるからです。

それに対してブリアン歯磨き粉の場合には、ブリアンを手の平にのせてから、毛先を少しだけ濡らした歯ブラシの先に粉のブリアン歯磨き粉をちょんちょんと付けて歯磨きをする事になっています。

つまり、市販のチューブタイプの歯磨き粉よりも使いにくいけれど、思ったよりも使いやすいうのが本当の所のようです。、

そもそもブリアンが粉タイプな理由

ブリアンがそもそもなぜ粉タイプなのか気になる人も多いと思います。ブリアンは世界初の虫歯予防成分である「BLIS M18乳酸菌」を配合した日本で初めての歯磨き粉です。

ですがこの「BLIS M18乳酸菌」というのは、非常に熱と水に弱い性質を持っています。その為に水分を多く含んだ練り歯磨き粉タイプでは発売ができなかったという事実があるようです。

ブリアンが個包装である理由

また個別包装にする事で「BLIS M18乳酸菌」や歯磨き粉に含まれる成分が変質する事も防ぐ事ができます。

つまり、ブリアンは歯磨き粉の品質を守る為に個包装となっているのです。このような点を考えるとブリアン歯磨き粉は安心して子供に使う事ができる歯磨き粉であると言えるかもしれません。

さらに、ブリアン歯磨き粉は市販されている歯磨き粉と比べると値段が高い歯磨き粉なので、使いすぎた時は困ってしまう事になります。そう考えた時にも個包装で良かったなと思います。

もしかして子供はお菓子だと思っている?

一般的な歯磨き粉はチューブタイプですが、ブリアン歯磨き粉は先ほどご紹介したように個包装の粉タイプです。

しかも個包装を開封すると甘い粉タイプの歯磨き粉となっています。さらに使用してみると分かりますが、思った以上に甘い味がする歯磨き粉です。

しかも歯磨きをした後にうがいをする必要もありません。これは形状も中身の味もお菓子と言っても過言ではない代物です。

お菓子を制限される傾向にある子供にとっては、ブリアン歯磨き粉は食後のお菓子のような存在なのかもしれません。

その証拠に「ブリアン歯磨き粉を使い出してから、子供が進んで歯磨きをしてくれるようになりました。」という口コミやご意見が非常に多いのです。

このような点を総合すると、子供にとってブリアン歯磨き粉はお菓子と認識しているのかもしれませんね。