ansin_sirusi

小さな子供を持っておられる親御さんにとって子供の虫歯について、非常に気にしておられる人がは以外と多いようです。

またそれだけに、虫歯を予防する為に重要な歯磨き粉選びについても、十分に考えて選んでいるというお話も良く聞きます。

ですが、小さな子供を持つ親御さんが、このように考えるのも当然の事です。なぜならば歯磨き粉は毎日何回も使用するもので、しかも口の中に入れるものなので、できるだけ安全な商品を使いたいと思うのは普通の事です。

ブリアンは発泡剤が入っていない

ブリアンを選んだという親御さんの中には、発泡剤が入っていないという点でブリアン歯磨き粉を選んだという親御さんも多いようです。

ちなみに歯磨き粉に含まれる発泡剤とは、歯磨きの際に泡立ちをよくする為の成分です。実はこの泡立ちをよくする為の成分である発泡剤は歯磨きをする際の洗浄力とは全く関係がありません。

ではなぜ発泡剤が歯磨き粉に使用されているのかといいますと、泡立ちがある方が歯磨き後に「歯磨きをして綺麗になった」と感じるからに他なりません。

このような効果は歯磨き粉だけでなく、石鹸や食器用洗剤に関しても同じ事が言えます。ですが「石鹸や洗濯用洗剤」と「歯磨き粉」との違いで重要なのは口に入れる商品であるか、そうでないかという点です。

歯磨き粉は直接口の中へ入れるものなので、できる限り不要な化学成分が使用されていない商品を使いたいものです。

このような理由から「発泡剤などが使用されていない、ブリアン歯磨き粉を使用したい」と考える親御さんが非常に多いようです。

ブリアンはフッ素が入っていない

虫歯予防の効果が高いと言われる歯磨き粉成分で代表的なものに「フッ素」があります。ですが、このフッ素も口内から摂取する事による副作用が心配される成分でもあります。

例えば「フッ素には発ガン性ある」という意見や「フッ素の摂取で骨が弱くなる」という意見まで、色々な否定意見が存在します。

逆に「フッ素は少量であれば、歯磨き粉に配合されていても問題がない」という意見もあります。

このような両方の意見が存在する中で、小さなお子さんのいる親御さんは「フッ素に少しでも危険な可能性があるのならば、できるだけ使いたくない」と考える場合も多いようです。

それもそのはずで、子供は大人に比べて体が成長途中であるので、歯磨き粉の悪い成分が体の成長や健康に影響しやすいという認識を皆が持っている為です。

このような理由から、小さなお子さんを持つ親御さんはブリアンを選んでいるという現実があるようです。

歯磨き後に口をゆすがなくてもOK

先ほどご紹介したような、一般的に市販の歯磨き粉に含まれている成分「発泡剤」や「フッ素」以外にも有害な成分と思われるものが指摘されています。

例えば、界面活性剤、保存料、保湿剤、研磨剤など数え挙げればきりがありません。実際に市販の歯磨き粉に含まれている科学成分は非常に多いので、歯磨き粉の成分表を見ると気分が悪くなるという人もいるようです。

これに対して、ブリアン歯磨き粉の場合には市販の歯磨き粉に含まれているような化学成分は一切使用されていません。

それどころか、ブリアン歯磨き粉の場合には、世界初の虫歯予防成分の効果をより生かす為に口をゆすがないタイプの歯磨き粉になっています。

つまり、ブリアン歯磨き粉は歯磨きの後は何もする必要がないのです。ブリアンでの歯磨き後は歯ブラシを洗うだけで食後のブラッシングは終了です。

つまりブリアン歯磨き粉は、本当の意味で飲み込んでも大丈夫な成分のみで製造された歯磨き粉なので、小さなお子さんや赤ちゃんに安心して使用する事ができるのです。