baikin_komatta

ブリアン歯磨き粉の口コミを読んでいると「将来虫歯を防ぐことが出来ると思うと、安いものです!」というご意見を見つける事ができました。

通常市販されている歯磨き粉ですと「歯を磨く事が虫歯を予防できる」的な効果が普通ですが「将来虫歯を防ぐことが出来る」というのは聞いた事がなかったので、興味がわきました。

ブリアンに含まれている成分は虫歯にならない人から発見された

小さなお子さんを持つ親御さんの中には「いくら気をつけて子供の歯磨きをしても、なぜか虫歯になってしまう。」と愚痴をこぼす方もいらっしゃいます。

ですが、これも当然の事で虫歯の出来やすさは個人差があって、口の中の虫歯菌の数や、生まれ持っての歯の強さが関係してきます。またこれにプラスして毎日食べる食事の傾向によっても虫歯の出来やすさは変わってくるようです。

しかしながら、このように子供の虫歯予防で苦労をする親御さんがいる反面、以外と虫歯対策に無頓着でも虫歯にならないお子さんを持つ親御さんがいる事も確かです。

実のところ、世界には歯磨きなどをしなくても虫歯にならない子供がいるようなのです。

虫歯によって奥歯のいくつかに被せ物がある私にしてみると、にわかには信じ難い事実ですが、実際に虫歯にならない体質がいる事は事実のようです。

なぜならば、ブリアン歯磨き粉に配合されていいる世界初の虫歯予防成分は、このような虫歯にならない子供から発見された成分だからです。

ブリアンを使用すると虫歯になりにくい体質になる?

ブリアン歯磨き粉に含まれる虫歯予防成分は「BLIS M18乳酸菌」と呼ばれています。

虫歯にならない子供達の口の中から発見されたこの成分は、虫歯にならない人の中でも一部の人しか持たない特殊な乳酸菌だと言われています。

最近では、乳酸菌の研究は非常に進歩しており、乳酸菌が虫歯菌や歯周病菌を減らす働きがある事が分かっています。

また乳酸菌は非常に沢山の種類がある為に、一概に全ての乳酸菌に虫歯予防効果があるとは言えないのが本当の所のようです。

そんな中、ニュージーランドの虫歯予防の研究によって発見されたのが、世界初の虫歯予防成分である「BLIS M18乳酸菌」だという事のようです。

将来虫歯になりやすいかどうかは3歳までの対策で決定する?

一般的に子供が将来虫歯になりやすいか、そうでないかは3歳までの虫歯菌対策で決定すると言われています。

なぜならば、人の口の中の環境は、おおよそ3歳までで決まってしまうからです。また3歳からは口の中の環境はそれほど変化する事がないので、3歳までの虫歯菌対策が大切であると言われています。

その為に赤ちゃんや小さなお子さんを持つ親御さんは、やっきになって大人から子供へ虫歯菌が移らないように色々気をつけて対策をする事になります。

このような話を聞いて気になるのが「3歳以上になってから、虫歯菌が移らないようにしてもダメなのか?」という点だと思います。

本来ならば、3歳までに虫歯菌対策をしなければ、ダメだと言う事になります。ですが、3歳以上になってから虫歯菌の詳細を知ったという親御さんにとっては諦めきれない点もある事でしょう。

そのような親御さんにピッタリなのがブリアン歯磨き粉という事のようです。実はブリアン歯磨き粉を使用する事によって、口の中で乳酸菌が増えます。

その結果虫歯菌や歯周病菌が口の中から減って虫歯になりにくい口内環境になる事が分かっています。

つまり「何歳からでもできる虫歯菌対策」また「将来虫歯になりにくくなる為の対策」を考えた時に効果があるのがブリアン歯磨き粉であるという事のようです。